1.産業廃棄物管理上のリスクについて
  排出事業者、運搬、処分業者の主な違反行為についてまとめてあります。なお、排出事業者は、運搬、処分業者と業務委託契約を締結する必要があるため、運搬、処分業者の違反行為に  ついても責任を負うことになります。
2.マニフェスト制度遵守のためのチェック機能---IT化による対策
  廃掃法 排出事業者、産廃業者の義務、罰則 IT化による対策 
不法投棄
不法投棄を行った場合当該従業員の事業主である法人に課せられる量刑を1億円から3億円以下の罰金に引上げ(H.23年4月から)(委託した排出事業者も同等の責任)
運搬報告について運搬先の写真(処分場の名前がわかる写真)の添付を義務づける
 
マニフェスト制度に関する義務
マニフェストの不交付ならびに回付義務違反・記載義務違反・虚偽記載(6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金) 又、マニフェスト交付状況に関する行政への年次報告の実施
マニフェストのDB化とトレーサビリティ
年次報告書の作成機能
 
排出事業者の終了確認義務
 
排出事業者は最終処分まで確認しなければならない。
又、D表は90日以内、E表は180日以内に回収しなければならない、E表が180日以内に回収できなかった場合30日以内に都道府県に報告すること。
マニフェストの期限監視 と遅延業者への督促 
委託業務違反
 
契約内容を明確にするため、委託契約は書面により行うことが義務付けられています 。法定記載事項が欠如している場合は委託基準違反となる、又、3社間契約の禁止、再委託の禁止等 協会雛形の委託契約書の容易な作成  
委託契約書の検索照会 
処理を委託する業者は当該行政地区において処理業の許可を有する者であること。又、委託する業者は、受入品目等において廃棄物業者の事業の範囲に含まれていること。 (5年以下の懲役、1,000万円以下の罰金またはこの併科)  
マニフェスト登録時の許可番号の正当性の検証
マニフェスト登録時の委託契約書の受入品目の検証
帳簿備付け義務違反
次の業者は、帳簿を作成することが法で定められています。
1.産業廃棄物収集運搬業者、処分業者、2.特別管理産業
廃棄物収集運搬業者・処分業者 、3.産業廃棄物処理施設を設置している事業者、4.特別産業廃棄物を生ずる事業者 帳簿備付、記載保有義務違反者(30万以下の罰金)
法定記載事項にもとずく帳簿の作成
 
3.コンプライアンス機能実現例---マニフェスト登録時のコンプライアンスチェック事例
 (1) マニフェストの実績登録時の許可番号チェック
  産廃システム,産廃ソフト,コンプライアンスチェック,産廃イチロー,委託契約書
許可番号について以下の内容でチェックされます。

①運搬業者の許可番号

・積地側の許可番号があるか
・卸地側の許可番号があるか

②処分場の許可番号があるか

③交付日付けが許可の期限の範囲内か

左のアラートは③の許可期限が切れているケース
 (2) マニフェストの実績登録時の委託契約書との相関チェック機能
産廃ソフト,産廃システム,産廃イチロー,産廃キング,産廃シロー,エスエムエス,SMS産廃ソフト,株式会社ブロードリンク,ブロードリンク,中山    産廃ソフト,産廃システム,産廃イチロー,産廃キング,産廃シロー,エスエムエス,SMS産廃ソフト,株式会社ブロードリンク,ブロードリンク,中山        

                                                                 産廃ソフト,産廃システム,産廃イチロー,産廃キング,産廃シロー,エスエムエス,SMS産廃ソフト,株式会社ブロードリンク,ブロードリンク,中山

Google